派遣SEの将来設計プラン

この先もずっと派遣SEとして働きますか?

派遣SEのうちに学ぶ

派遣SEでいる期間はスキルアップの期間として捉え、次のキャリアアップに向けて徹底的に学びましょう。まず「売れる」SEになるには「広く浅く」技術を身につけたSEであることが近道です。自分でやる気を高め、積極的に取り組むことで、新しいものを常に吸収し続け、「広く浅く」を実現できます。「自分はだいたいこれぐらいだろう」とか、「自分の役目はここまで」と勝手に線引きをすることなく、自分自身を広げていけば「売れる」SEになっていきます。テクニカルスキルの証明として資格も取得しておくと良いでしょう。

Recommended column

後に法人化
後に法人化

派遣SEからフリーのエンジニアになり、個人事業主として働くことは、手続きという面ではそれほど難しくありません。しかし、フリーランスとして活動を続けているうちに、次のステップとして法人化ということを考え始めた場合、その実行には手間がかかります。そこまでして法人化しても、何が得なのかよくわからないため、「考えるだけで行動には移さない」という人も多いでしょう。ですが、法人化するフリーランスの数は徐々に増え始めています。彼らはなんのために法人化するのでしょうか。

フリーランスで年収倍増
フリーランスで年収倍増

エンジニアが派遣で働き続けることは、収入の面で大きく損をしていると思います。派遣会社がサポートをしてくれるというメリットはありますが、そのサポートが必要なものであるか、自分には不要、あるいは少しでいいのか、ということがフリーランスになることで切り分けが可能です。どうしても面倒、あるいはできないことであれば、専用のサービスや外部に任せてしまえばいいのです。その費用を支払っても十分の収入が、フリーランスになることで得られるのです。

資格を取得し手当をGET
資格を取得し手当をGET

SEにとって資格というと、「転職に有利なツール」という印象が強いのではないでしょうか。もちろんその通りなのですが、資格取得にはもうひとつの利点があります。それが「資格手当」です。資格手当の基準は会社によって異なりますが、もし今勤めている会社に資格手当がなかったとしても、次の転職先では資格手当制度があるかもしれません。同じスキルを持っていても資格という目に見える形として取得しているか否かで、収入が変化するのですから、取得しておくに越したことはありません。

Copyright © 2015 派遣SEの将来設計プラン All Rights Reserved.

派遣SEの将来設計プラン